乳児脂漏性湿疹とは?

乳児脂漏性湿疹とは・・・

湿疹の中でも新生児ニキビと並んで最も多く見られます。

生後4か月頃までに現れやすく、顔面と頭部に黄色っぽいかさぶたのようなものやフケのようなものが出てきます。
かゆみはほとんどありませんが、炎症を起こすと赤く腫れあがったり、患部がじゅくじゅくしたりすることもあります。

原因は、お母さんからの女性ホルモンの影響で皮脂の分泌の多い新生児では、
過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に溜まってしまうことが多く、これが主な原因と考えられます。
他にも、外部からの刺激や汚れによって炎症を起こす場合や、赤ちゃんが触ったりひっかいたりすることで悪化することもあります。

ケア方法

入浴時にしっかり洗い肌を清潔に保ちましょう。
かさぶたのようなものがへばりついて取れにくい場合は、
入浴前に患部をふやかしておくと、取れやすくなります。
シャンプーやボディーソープは刺激の少ないものを使い、たっぷりの泡でしっかり洗いましょう。
また、赤ちゃん自身が爪で患部を傷つけないよう、爪は丸く切りそろえ、
掻きむしろうとするのであれば柔らかいミトンを付けてあげましょう。
肌に触れるものはこまめに清潔なものと交換し、清潔を保つ工夫をしてください。