オムツかぶれの症状

おむつかぶれの症状

おむつかぶれは、ほとんどの赤ちゃんが何度か経験する肌トラブルです。 
「おむつ皮膚炎」とも呼ばれます。
おむつによる蒸れや、おむつの中の尿や便が刺激となって赤ちゃんのおしり、肛門、性器、太もも辺りに炎症が起こります。
肌が薄くバリア機能も不十分なため、赤ちゃんの肌はすぐに炎症を起こしてしまいます。
赤くなる場合もあれば、白くなる場合もあり、発疹が現れたり、全体的に真っ赤になったり、カサついたりと、症状はさまざまです。
おむつのギャザーが当たるところにもできやすいですが、あせもとの見分けが難しい場合もあります。

見た目に何らかの炎症が現れるので気づきやすいのですが、
他に、おしりを拭くと痛がって泣いたり、おむつを外すとおしりをかこうとするなどの行動が見られたら、
おむつかぶれを起こしかけている可能性があります。
おむつかぶれの原因も症状もさまざまですが、適切なケアを行えば、おむつかぶれを起こすリスクを軽減できるでしょう。

 

便は腸内細菌などを含み、尿以上に強い刺激性があります。
尿と便が混ざり合った状態ではアルカリ性で、雑菌や微生物が増殖しやすい環境になり、一層肌への刺激は強くなります。 
下痢の場合、特に刺激が強くなります。

おむつによる蒸れ

尿や便をしていなくても、赤ちゃんの汗で、おむつの中は高温多湿の蒸れた状態に。
薄くデリケートな肌はふやけ、傷つきやすい状態になります。

おむつ擦れ

おむつのギャザーの入ったウエスト部分や足の付け根周りは、おむつの擦れによって肌に傷がつきやすい状態になります。
テープタイプの紙おむつをきつくしすぎたり、紙おむつのサイズが合っていない場合にも、擦れによっておむつかぶれが生じやすくなります。

カンジダ菌(カビの一種)

高温多湿のおむつ内部は、カビが繁殖しやすい環境で、「カンジダ」というカビが繁殖することで炎症を起こすおむつかぶれもあります。
他の原因によるおむつかぶれとは区別して「乳児寄生菌性紅斑(にゅうじきせいきんせいこうはん)」とも呼ばれます。

今は、赤ちゃんのおしりふきも
保温ケースがあったりして、ありがたいですよね~
ゆるいうんちを拭き取るときも
赤ちゃんが冷たさにビクッとならない。
なんて赤ちゃんに優しいの!
綺麗に拭き取ったあとは、
ここだいじ。
しっかり保湿もね♪

ウィラードウォーターの化粧水を 赤ちゃんのおしりに、
ではなくママの手にスプレーして、その手のひらで 赤ちゃんのおしりにタッチタッチ!

さ、これでよし。
かぶれちゃっているときには同じょうにジェルも付けえてあげると完璧ね♪


▶︎▶︎
ウォラードウォーターの詳細はこちら