アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

症状としては、顔面や頭部、耳たぶなどに赤い湿疹ができ、強いかゆみをともないます。

乳児脂漏性湿疹と症状が似ていますが、何度も繰り返すことが多いです。

 

アトピー因子と呼ばれる遺伝子的にかゆみを起こしやすい体質に加え、アレルゲンに触れることで引き起こされる皮膚炎と考えられますが、原因・メカニズムは十分には解明されていません。
アレルゲンとしては、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、ストレス、食物アレルギーなど人によってさまざま。  

アレルゲンが何かがはっきりしない限りは、なるべく症状を悪化させないよう、
刺激を少なく清潔を保つケアをしていきましょう。

洗濯洗剤や柔軟剤をよくすすぐ、衣類のタグを外すなど、小さなことの積み重ねが大切です。

慢性的に症状が出るので、焦らずのんびり構え、どんな時、どんな条件で症状が現れるのか、根気よく見守っていく必要があります。

赤ちゃん自身が掻いて爪で患部を傷つけないよう、出来るだけ爪は丸く切りそろえ、柔らかいミトンなどで掻くのを防いであげましょう。

アトピーは原因がはっきりとわからないと言われているので、

赤ちゃんの症状を見るとお母さんはとっても辛いですよね〜。

かゆみが出たなと思ったら、ウィラードウォーターをシュッとひと吹き。

余計な成分が入っていないから、赤ちゃんもお母さんも安心して使えちゃう。

 ▶︎▶︎ウォラードウォーターの詳細はこちら