あせもの症状

あせもの症状

 暑い季節や、ねんね期の赤ちゃんに多く見られます。
首の周りや背中、おしりなど汗をかきやすく蒸れやすい部分によくできます。
新生児では白いぼつぼつが、それ以降は赤いぼつぼつとなって現れ、かゆみをともないます。
爪でひっかいてしまうと黄色ブドウ球菌に感染して膿がでてくる「とびひ」の状態になってしまうこともあります。

赤ちゃんは汗っかきで、体温も大人より高め。
その上、汗腺が未発達なため、汗が溜まりやすく、肌が重なっているところは特に蒸れやすい状態です。
蒸れた環境では肌表面の表皮ブドウ球菌が増殖しやすく、それにともないあせもが現れます。

毎日の入浴でキレイにすることと、汗をかいていたらこまめに着替えさせましょう。

服は大人より1枚少ないくらいが目安ですから、着せすぎには注意してください。

赤ちゃんが寝ている時は布団をかけすぎていないか、
寝起きには汗をぐっしょりかいていないか、

こまめにチェックして清潔を保つようにしましょう。

かゆみが出たら、ウィラードウォーターをシュッとひと吹き。

ひんやりして気持ちいいし、余計な成分が入っていないから、赤ちゃんもお母さんも安心ね♪